ブログ

赤ちゃんチワワに多いトラブル~低血糖症~

チワワの子犬を飼い始めたとき、最も気を付けたい病気の1つが低血糖症です。
感染症ではないですが、子犬の命を脅かす病気です
極小と言われている、標準よりも小さい子犬は特に注意が必要です

低血糖症ってなに?その原因は?

低血糖症は消化系の疾患で、長時間に渡り食事をしなかったり、食が細く普段の食事量が少ないことが原因で血中の糖分濃度が低下することにより、体がぐったりしたり、痙攣を起こしたりする病気です。
脳は糖分を唯一エネルギー源としているため、血中の糖分濃度が下がると脳の機能に影響が出るため、このような諸症状が出てしまいます。

人間で言う、ハンガーノックというやつですね。
なった人は分かると思いますが・・・非常に、非常に、つらいです。
あまり食べないのに運動量が多い子だと症状が出やすいので注意が必要です。
239
子犬(特に生後3ヶ月までの)に多く発症する理由としては、成犬の場合食事を取らなくても肝臓内に貯蔵したグリコーゲンを分解して血糖値を維持できますが、子犬にはその余裕がないことが挙げられます。
そのため、少しでも絶食が続けば低血糖を起こしやすいです。
ちなみに成犬でも低血糖症になりますが、その場合はホルモンバランスの異常やインスリンの過剰分泌などの疾患が主な原因で発症します。
3152_20140316190327b14
嘆かわしいことですが、極小犬にするために仔犬の食事量をあえて制限するブリーダーやペットショップでは、発症率が高いと聞きます。
摂食は内臓系の発育不全にも繋がるため、当店ではご飯は十分量与えていることもあり、幸いにも低血糖症になった子は未だいないですが。

低血糖症を予防するには

いたってシンプルですが、食事量を増やす(仔犬の時はおなかいっぱい食べさせてあげる)あるいは空腹時間を減らすために1回あたりのドッグフードの量を減らして食事回数を増やすなどの対策が有効です。
また、砂糖水やはちみつをサプリとして与えることで予防することができます。

家庭でできる応急処置について

濃い砂糖水を作り、口腔内の上あご部分に塗ることで、強制的に糖分を接種させましょう(はちみつでもOK)。
自力で体を持ち上げられる程度に回復したら、ふやかしたフードを与えてください。
食べられない場合は、少量ずつ口の中に入れてあげるといいです。
これである程度の量を食べてくれたなら、意外と短時間でけろっとして、何事もなかったかのように動くようになります。
そうなれば、病院には連れていかなくてもいいでしょう。
(もちろん、心配なら行くに越したことはないですが)

関連記事

ページ上部へ戻る