多頭飼いはとっても楽しい!

飼い主さんにとってのメリット

多頭飼いをなさっている飼い主さん達は、みな同じように「多頭飼いをしていて楽しい!家族が増えてよかった!」とおっしゃいます。
そう、新しい子を迎えることで心配事も増えますが、多頭飼いには大きな大きな魅力があるんです。
DSC_1457
飼い主さんからみた一番のメリットは、単純に「癒しが倍増」です。
もともと犬は群れで生活しますから、仲間がいることでより犬として自然に振舞います。
仲良く遊んだり、一緒に寝ている姿を見るのはワンちゃん好きの飼い主さんにとって、至福のひとときになる事は間違いないでしょう。
3530-1
もう1つの大きなメリットとしては、一頭一頭個性が違うので、それぞれの子のよさを味わえることがあります。
人間と同じでワンちゃんにも色々な性格があり、多頭飼いをすることによって、日々新しい発見をする面白さがあります。
3246
忘れてはいけないお留守番のとき。
一頭で留守番をさせるのは忍びないですが、同居犬がいると思うと、留守にする飼い主さんの気持ちもちょっと楽になるようですね。
実際、一頭ではどうにも落ち着いて留守番ができなかった子が、新しく同居犬を迎えたことで、落ち着いて留守番ができるようになったという例もあります。

このように、多頭飼いは得るものがとても大きいです。単純に、家族が増える事はすごく楽しく賑やかなことですしね!

飼い主さんにとってのデメリット

当然、良い点ばかりではありません。デメリットは何と言っても「手間や費用が倍増」です。
フードやトイレシート、おもちゃはもちろん、ワクチン代や医療費も倍になります。
そして、2頭以上の健康管理をしていくのも初めは苦労するでしょう。人間は調子が悪ければ薬を飲みますが、犬はその自己主張ができません。
ですので、1頭なら見分けられる不調のサインを、見逃さない様にしていかなければなりません。

ワンちゃんにとってのメリット

392
犬は元々群れで生活する生き物です。
散歩の途中で他の犬にもなかなか出会わず、いつも人間の家族が構ってくれるようなおうちでは、自分が犬であることを忘れてしまう子もいます。
こうなるとある日突然、問題行動が増えてしまう可能性があります。
そんな時、後輩犬がいると自分が犬であることを再確認しながら、人間社会の中で犬のコミュニティを作っていけます。
そうすると、不思議と問題行動が軽減するケースが多々あります。

また、先輩犬は犬の中でリーダーになろう、しっかりしたお兄ちゃん、お姉ちゃんになろうとします。
そして後輩犬は先輩犬にしっかりついていこうとします。
この相乗効果により、後輩犬のしつけが終わった時には二頭とも手のかからないいい子になっている事が多いのです。

何と言っても、他のワンちゃんと遊ぶ楽しみを先住犬が覚えるので、外でもフレンドリーな子になることから、2頭目、3頭目を飼ってよかったとの声がとても多いです。

Share Button

ページ上部へ戻る