ブログ

動物病院での犬の受診理由のトップは「皮膚病」!正しいシャンプーの頻度は?

動物病院での犬の受診理由のトップは「皮膚病」です。
それほど犬には皮膚トラブルが多いんです。
こんなことは実際に飼ってみないと分からないですよね。
なぜトラブルが多いのでしょうか。

~*~*~*~*~*~*~*~
ちなみに次点は「歯のトラブル」です。
これについては下記の別記事もご参照ください。
チワワに多い歯のトラブル~乳歯遺残~
チワワに多い歯のトラブル~歯周病~

犬の皮膚は人間よりずっと薄い

skin     img01
犬の皮膚も人間と同様、外側から表皮、真皮、皮下組織の3層からできています。
そして表皮の一番外側が角質層で、外からの刺激、乾燥、紫外線などによるダメージから体を守るバリアの役割を果たしています。

人間は被毛に覆われていない代わりに厚くて丈夫な表皮を持っているます。
一方、犬の表皮は人間の1/5~1/6 程度の厚さしかありません!
そのため刺激や乾燥に弱く、皮膚トラブルを起こしやすいのです。

犬はべたつきのある汗をじわじわとかく

犬猫も人間と同じように汗をかきます。
ただ、汗の質が違っていて、人間とは皮下組織になる汗腺のタイプが異なります。
汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があり、人間が運動した後にかくサラッとした汗は、エクリン汗腺から分泌される体温調節のための汗です。
この人間にはほぼ全身に分布しているエクリン汗腺が、犬には肉球にしかありません。
つまり汗をかいて体温を下げることができないのです。
このため、犬は主にパンティング(ハァハァというあえぎ呼吸)による唾液の蒸発で、体温調節を行っているのですね。
289
一方、人ではわきの下などにしかない「アポクリン汗腺」が、犬では全身に分布しています。
このアポクリン汗腺は脂肪分の多いベタっとした汗を分泌します。
この汗が酸化したり、細菌に分解されると、犬特有の、あの「犬くさい」といわれる独特のニオイの元となります。
365
ちなみにこの匂いは、犬同士のコミュニケーション上とても大事な働きをしています。
また、この汗にはフェロモン作用、pH 調整、抗菌作用があるとも言われています。

シャンプーの頻度

225
動物の被毛には外的刺激から身体を守る城壁のような役割があるため、毎日シャンプーをする必要はありません。
においが気になる、汚れてしまったなどの時にシャンプーするぐらいで十分です。
不潔にしておくのも問題ですが、洗いすぎると犬は自分の匂いがなくなったことでとても落ち着かなくなります。
なので、愛犬がストレスをためないよう、洗いすぎにも注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る