食べてはいけないもの

このページでは「ワンちゃんに食べさせてはいけないもの」「食べさせない方がいいもの」をご紹介します。ただし、ここでご紹介するものはほんの一例です。色々な本やサイトを読んで、ワンちゃんの健康ライフのためにも飼い主さん自身が勉強していってくださいね。

絶対に食べさせてはいけないもの

食べさせてはいけないもの 症状
ネギ類
(玉ねぎ・ネギ・ニラ・ニンニク)
ネギに含まれる成分により赤血球が破壊され、血便・血尿・下痢・嘔吐・黄疸・脾臓腫大などを引き起こし、ひどい場合は死亡することもあります。
加工しても毒性は消えません。直接ネギを食べなくても、鍋や味噌汁などにネギが入っていた場合、汁を飲んだだけでも症状が出る場合があります。多少食べても大丈夫な子もいれば、ほんの少し食べただけでもひどい症状が出る子もいます。あげないのが無難でしょう。
 カフェイン  テオブロミンと言う成分が犬猫では身体から排泄されず、体内に留まります。これが中枢神経に働き、心臓毒となり、てんかんの発作や尿失禁、痙攣を起こすことがあります。俗に「チョコレート中毒」と呼ばれますが、カカオやコーヒー、紅茶や緑茶などにも含まれていますので注意してください
 キシリトール 血糖値を激しく低下させ、低血糖に陥ります。すると意識の低下、脱力、昏睡、痙攣、さらには肝機能障害を起こしてしまいます。キシリトールを食べてしまったらすぐに動物病院に受診して下さい。
 ぶどう・レーズン類 正確なメカニズムは分かっていませんが、大量に食べた場合には、腎臓機能障害(腎不全)が起こり、最悪死亡することが近年判りました。この事実はあまり知られていないので、注意が必要です。
生の川魚 中毒を起こし、嘔吐、下痢、発熱、衰弱、リンパ節腫大などでかなり致死的な状態となります。お散歩中やキャンプなどに連れて行った際には注意しましょう。熱処理すれば大丈夫です。
鶏の骨、タイの骨など 火を通すと骨が鋭利に裂けるので、口腔や食道、消化器官などを傷つけてしまいます。
いか・たこ・えび・貝類など 消化に悪いうえ、 ビタミンB1を壊すため神経症により、腰を抜かしたような状態になってしまいます。切って血が出ないものは与えてはいけないとも言われています
 ナッツ類 ナッツ類全般に中毒症状が出る可能性があり、特にマカダミアナッツには注意が必要です。 大量接種すると、嘔吐、痙攣、発熱などが起こります。
生の魚介類・生肉   寄生虫の恐れや、ビタミン破壊による食欲低下、嘔吐、痙攣、ふらつきなどの神経障害の原因になります。
 塩分の多給  心臓・腎臓に負担がかかり高血圧症にもなります。不足も良くないですが、あえて与える必要はありません。猫を飼っている人は、猫用フードをあげないように注意しましょう。また、海水浴に連れていった時には海水を飲みすぎないよう注意しましょう。
※ジャーキーなども、あげすぎるとを痛めてしまう可能性があります。特に体が小さい子は気をつけてあげてください。
 香辛料  コショウ、唐辛子、生姜などの香辛料は刺激が強いので、胃腸に負担をかけてしまいます。
 砂糖の多給 カルシウムやビタミンB群不足になります。甘いケーキなどは皮膚の抵抗力低下や肥満の原因にもなります。

食べさせない方がいいもの

大丈夫なワンちゃんもいますが、体にあまり良くない事は事実です。 ましてチワワは体が小さいので、受ける影響も大きいはずです。 おねだりに負けず、飼い主さんの意志で愛犬の健康を守ってあげましょう。

食べさせない方がいいもの 症状
アルカリイオン水 陽イオン(カルシウムイオンやマグネシウムイオン)が多く含まれるので、尿中の陽イオン排泄も増加し、尿結石リスクが増加します。
カルシウム剤の多給 仔犬期に骨を丈夫にしようと思って与える方も多いですが、良質のフードを食べているならそれで充分です。余分に与える事はバランスを崩すばかりでなく、大変な事態(骨形成不全、鉄・銅・亜鉛の吸収阻害、甲状腺機能の低下など)にもなりかねないので、医師の指導の元で与えるようにしましょう。
野菜類、おからの多給 セルロースを分解できないので、消化不良により下痢、便秘などになる恐れがあります。
※適量なら体に良い食材です。細かく刻むなど工夫をすると負担を減らせます。
果物の多給 果物の中にも糖質が多く含まれているので、与えるのは少しだけにしておきましょう。 また、野菜と同じくセルロースを分解することができないので、なるべく細かくしてあげましょう。
生の卵白 ビタミンHの働きを阻害し皮膚炎、成長不良を引き起こします。(熱処理をすれば大丈夫と言われています)
レバー たくさんあげるとビタミンA・Dの過剰症、食欲不振、疲労、関節痛になると言われています。少しなら良いですが毎日あげるのはよくありません。
道端の草 胃酸過多症(食事量の不足が原因)などにより、胃がムカムカして吐きたいときに食べます。体重に合った食事量を規則正しく与え、食べることを無くしてあげましょう。
チーズ・牛乳など 普段あげてない子にはあげない方が無難です。 小さい頃から飲みなれてる子は平気なようですが、嘔吐、下痢、アレルギー、血便の元となりやすいものなので、良くはありません。※冷たいものは特に
ほうれん草 シュウ酸が多く含まれていて、結石の原因になります。 加熱して少量なら大丈夫です。
にぼし 人間用のものは塩分が含まれているので、あげすぎるとカルシウムとリンとのバランスが崩れ、リン欠乏症になってしまいます。ほうれん草と同じくシュウ酸が含まれるので、結石の原因にも。
Share Button
ページ上部へ戻る