仔犬のお迎え準備

サークル&ベッドについて

sample03
写真のように、寝床とおトイレを明確に分けてセッティングすると、トイレシート上でおトイレ出来るようになるのが早くなります。ワンちゃんも自分の寝床は汚したくないですからね。
ただし、トイレシートが汚い状態だと、ここでトイレしたくない!と思ってしまい、失敗に繋がるので、汚れたら早めに交換してあげてください。
また、ベットで寝るのが暑い時にはトイレシートの上で寝てしまうことがあります。
そうすると、ベットでおトイレしてしまう場合がありますので、暖かい場所、逃げる場所、トイレシートの3種類の場所をサークル内に用意してあげるのがポイントです。

ベッドには写真のようなタイプ、屋根付きタイプなど、色々なものがありますが、冬場は屋根付きベッドをお勧めします。
人間が思っている以上に床付近は冷えますので、ワンちゃんが風邪を引かないよう、保温性を高めてあげましょう。

室内の温度について

チワワは寒がりですが、暖かくしすぎるのもよくありません。チワワにとって快適な室温は24~25度です
夏は人間が快適な温度に冷房を入れると冷気は下に行きますので、ワンちゃんが涼しくなりすぎないよう注意が必要です。

冬はコタツがあったり暖房器具があったり、部屋は充分暖かいと思いますが、コタツの線をかじって感電したり、暖房器具に近づきすぎて火傷したりしないよう注意してあげましょう。

 ペットヒーター (冬場)

レンジでチンするタイプなど色々な物がありますが、パネルヒーターをお勧めします。
コードをかじって感電してしまわないよう、配線には気をつけましょう。

ドリンクホルダーについて

sample04
これはペットボトルを使うタイプのもので、ほこりも入らず、こぼすこともないので便利です。
携帯用タイプのものもありますので、お出かけの時にあると便利です。
他にも自動給水機など色々なタイプがありますが、ワンちゃんの体格に合ったものを選んであげてくださいね。

※ドリンクホルダーを使う場合の注意点※
飲み口のボールの部分が水圧によって固まって、仔犬の舌の力では水が出せない時がありますので、時々水が出るかどうか確かめてあげて下さいね。

フード&食器について

最初は仔犬が食べなれたフード(ショップであげていたフード)を与えてあげてください。
ワンちゃんが新しい環境に慣れたのを見計らって、新しいフードを少しずつ混ぜていき、変えていってあげてください。
仔犬の頃は食器はステンレスあるいは陶器がいいと思います。プラスチック製のものは軽く、フードをひっくり返したり、カジカジ噛んだりもします。

※仔犬のときの注意点※
容器の深さも深い/浅いがありますが、体が小さい時は浅いものを選んであげてください。
また、ステンレス製は顔が写るので、怖がって食べない子がまれにいます。うまく食べてくれない場合は、色々変えてみてくださいね。

トイレシーツ&トイレトレイについて

トイレシーツには使い捨てタイプと洗えるタイプがあります。

トイレシーツの種類 メリット デメリット
洗えるタイプ ・洗って繰り返し使える(経済的)
・シーツを噛んで遊んでも大丈夫
・少し高い(3,000~5,000円)
・外出先に持っていくのは面倒
使い捨てタイプ ・交換が簡単
・外出先にも手軽に持っていける
・ワンちゃんが噛むと破れる
・シートの中には吸収ポリマーが入っているので、お腹に大量に入ると危険
・ゴミ箱を分けないとお部屋が臭くなる

仔犬の時には、使い捨てトイレシーツで遊んでしまって、ボロボロにしてしまう事がよくあります(成犬になると大抵治まります)。
使い捨てタイプをご使用の場合には、”いたずら防止用メッシュカバー付” のトイレトレイを合わせて使うことをお勧めします。
お迎えしてしばらくはシートを2枚重ねにして、下のシートは少しおしっこの臭いのついたものを、上は綺麗なシートを置くようにすると、おトイレのしつけに役立ちます。

ブラッシングについて

sample05
ピンブラシ、スリッカーブラシなどがありますが、写真のような両面タイプのピンブラシが1本あれば十分です。
毛並み、毛量も良くなりますので、定期的に行ってあげてください。
外出時から帰って来た時もブラッシングすると、ある程度汚れが落とせます。
※購入前にはご自身の手などに当ててみて、痛くないかな、と確認してから買ってあげてくださいね。

爪切りについて

sample06
慣れないうちは苦手意識がある方が大半です。一度にたくさん切ってしまおうとせずに、時間をみつけては少しだけ、といった風に初めてみてください。
飼い主さんが緊張した怖い顔で切りに行くと、ワンちゃんも怖がり、爪切りを嫌がるようになってしまいます。
仔犬の間は、人間用のつめきりの方が切りやすいです

Share Button

ページ上部へ戻る