ブログ

小型犬(チワワ/仔犬)も嫌がらない上手な薬の与え方

ワンちゃんの健康を守るためには、獣医師さんから処方された薬を、きちんと与えなくてはいけません。
健康な子でもフィラリア予防薬は飲ませる必要がありますし、胃腸の弱い子の場合は何度も胃薬を飲ませてやるケースもあるでしょう。
ただ、ワンちゃんによってはなかなか薬を飲んでくれない場合があります。
人間ならば苦い薬でも我慢して飲みますが、ワンちゃんは薬の重要性なんて分かってくれません。

無理やりに薬を飲ませようとすると、薬を飲むこと自体にストレスを感じ、余計に薬嫌いになるという悪循環に陥りかねません。
しまいには口に触ること自体嫌がるようになり、歯磨きや口内チェックもさせてくれなくなるケースがよくあります。
ワンちゃんにとって薬は異物ですから、飲むのを嫌がるのは当然ではあるのです。
嫌がったからといって叱ってしまうと、ますます薬を飲むという行為を嫌いになりかねません。絶対に叱らないであげてください。
飼い犬の健康を守るためにも、どれだけ素直に飲ませるかが飼い主としての腕の見せ所になります。

本やネットなどではよく、口を開けさせて飲ませる、という方法が挙げられていますが、この方法、チワワだと本当に難しいです。
特に子犬の場合にはもう、泣きたくなるほど難しいです。。。
食道と比較して大きな固形薬は、ワンちゃんにとっても喉を通るわけもなく、どうしてもうまく飲ませられません。
ベテランのブリーダーさんでも根をあげるほどなので、一般の方にとっては、よっぽどワンちゃんがお利口でない限り、困難極まりない作業ではないでしょうか。
はっきり言って、チワワ(特に仔犬)には向かない方法です。

今回、口を開けさせる以外の、チワワの子犬にとっても無理なく、簡単に薬を飲ませる方法をいくつかご紹介します。
ワンちゃんの性格にもよりますが、おそらく効果があると思いますので、ぜひトライしてみてください。
IMG_2581_exposure

固形のお薬の場合

固形の薬を与える方法としてメジャーなのが、薬をワンちゃんの好物で包んで与えるというものです。
この方法、ある程度体が大きくなった子(食道が大きくなった子)にはとても有効な方法です。
しかし仔犬にとっては、薬を包むほどの大きさの食べ物は一口では飲みこめず、どうしても噛み砕く必要があります。
この時に薬が落ちてしまい、うまく食べてくれないことが多いです。
(食べるのが遅い子ならなおさら成功率は低いです)

そこでお勧めなのが、犬用ゼリーです。

これをお薬にぺちゃぺちゃと、全体的に指で塗りつけます。
そしてそのままワンちゃんに与え、かつ、お顔が上を向く姿勢でそのまま指を舐めさせます。
この、上を向かせて指を舐めさせる過程がとても重要なのです。
上を向かせることで、
舐めると甘い⇒もっと舐めたいから早く呑み込もう⇒舌を素早く抽送する⇒いつの間にかお薬もゴックン!
という流れが非常にスムーズに進みます。

※粉薬であれば問題ありませんが、錠剤やカプセルの薬の場合は、ワンちゃんが噛んで砕けた状態で胃に入っても問題ないか、獣医師さんに確認しておきましょう。
233

粉末のお薬の場合

こちらは固形薬に比べると、だいぶ楽に与えることができます。
● スポイトを使う
粉薬は水に溶いてスポイトなどで口の横からゆっくり与えてやると、わりと簡単に飲んでくれます。
ただ、薬の味が残ると嫌がる場合もあります。
そんなときは多めの水で薬を溶いてやるか、犬用ジュースに溶かして与えるとうまくいく場合が多いです。

この方法の欠点は、スポイト内に薬が若干残ってしまうことです。
一回分の薬の量が少ない場合、与える量が変わってしまうのは問題ですので、そんな場合は次のオブラートを使う方法がおススメです。

● オブラートを使う
薬の量がシビアな場合は、小さなお子さんが薬を飲む際に使用する「オブラート」を使ってみるのも一つの手です。
ゼリータイプのオブラートなら、形を形成しやすいですし、甘い味付けがされているのでワンちゃんも喜んで食べてくれます。

ただ、使用するオブラートは犬に害のないものを選ぶ必要があります。
心配な場合は獣医師さんと相談して選ぶと良いでしょう。
2391894427_d71162e3da_o

関連記事

ページ上部へ戻る